· 

【カブ】12月1日 秋のハイキング


天気が悪くて一週間延期になりましたが、秋のハイキングを12月1日に実施しました。
この日のテーマは「小さい秋見つけた」さて、どんな秋が見つかるでしょうか。目的地は奥武蔵で人気の伊豆ヶ岳。レッツゴー!

集合地点から登山口の正丸駅までは、電車で約一時間半。
長い道のりですが、スマートにふるまうこともスカウト活動の大切な目標の一つ。
スカウトたちは、隣どおしでゲームをしたりして静かに過ごしました。
スタート前にしっかりストレッチ。特に大人はね。

さて、今回のテーマである小さい秋を見つけるために隊長が用意したのがネイチャービンゴ。
チェックポイントで指定された「小さい秋」を見つけてシートに記入していきます。

前半の登りのピークでは、急な坂が行く手を阻みます。頑張れ頑張れ!とお互いに声をかけあいながら、乗り越える事ができました。

三年間カブ活動をしてきたくまスカウトにとっても、伊豆ヶ岳は一番厳しい山になります。
途中さすがにバテバテになるスカウトも。そんな時は、飴ちゃんでエナジーチャージ。元気を持ち直して先に進むことができました。

ようやく伊豆ヶ岳の山頂。風もなく、暖かな日差しの山頂からは、 スカイツリーまでは見えないものの、まずまずの眺め。

登った山は下るのが定め。お昼を食べ、温かい汁物をお腹に入れて元気を回復したスカウトたちは一路元の駅を目指します。

最初から最後まで、くまスカウトが元気に組の皆を引っ張ってくれました。
下りの道や林の中では、替え歌を歌ったり、冗談を言い合いながら、飽きずに歩き通すことができました。

どの組もすべてのチェックポイントをコンプリートし、多少時間に余裕を持って元気にゴールすることができました。
ゴールした後も、鬼ごっこをして走ったり、はないちもんめで遊ぶスカウトもいて、こどもたちの無限の力を感じさせられました。

秋というより穏やかな初冬の一日。スカウトたちは最後まで組単位でしっかり歩き通して、成長を見せてくれました。