ここでしかできない冒険,仲間,そして友情がある


このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、ボーイスカウト西東京第2団団委員長 小林和彦 info@bs-nishitokyo2.com の責任のもとに掲載しています。

・・・・・ WHAT’S NEW ・・・・・


「団からのお知らせ(団ブログ)」を更新しました



団からのお知らせ(団ブログ)


【カブ】2月11日 伝える伝わるポイントラリー


穏やかな冬晴れのこの日。「通信」をテーマとした隊集会を行いました。
場所は団舎近くの東伏見公園。広い公園周辺に四つのチェックポイントを置いて、それぞれ異なるテーマの課題を解いて進んでいきました。真っ白な富士山も姿を見せてくれました。

続きを読む

【ビーバー】ドリブルでアイスを作ってから、びゅーんとロケットもとばしちゃうよ〜^ - ^

傘入れのビニール袋でロケット作ってとばします!!

マジックで絵を描いて、

折り紙で羽根つけて。

空気を入れて。

 

小さな穴が空いてたのか、すぐにしぼんでしまったり、

ちょっとうまくいかない所もありました、、飛ぶかな〜

 

 「子どもは風の子」

今日も寒い風が吹いてましたが子どもたちは元気いっぱい!

 

 

この寒い風が、うまくいかなかったロケットも、

元気にとばしてくれました!!

いっせーのー!!!それ〜〜!!!!!

続きを読む

【カブ】2月9日 パインウッドダービー北多摩地区大会


風は冷たいけどとてもよく晴れたこの日、パインウッドダービー北多摩地区大会に参加しました。

会場は東村山市の小学校の体育館。暖房のない底冷えのする会場でしたが、しっかり着込んで準備万端で臨みました。
北多摩地区で合計70台が参加。わが隊からもスカウトが18台、保護者からも1台の参加がありました。最初にスカウトみんなで大輪とカブコール。100人規模のカブコールはなかなかないぞ。

 

続きを読む

【ボーイ隊】手旗集会(2/2)

快晴のもと、たくさんのスカウトが参加し、手旗信号の訓練です。手旗信号の基本となる第1~14原画を学んだ後、各班に分かれて、代表者の名前や単語の受け渡しをやりました。
 単純な合図の組み合わせで、起信から文字と数字などを表現し、終信まで、相手に確実に届ける動作とその難しさを学びました。

携帯電話、スマホ、メール、ラインなどの進化したコミュニケーションツールのある便利な時代ですが、手旗のような原始的な受け渡しを学ぶことは伝達の基本を知る機会にもなり、スカウトたちは戸惑いつつも、班の仲間で話し合い、知恵を振り絞りました。

 

【ビーバー】寒さなんて関係ない!

台風で延期になっていたハイキング。

やっと再挑戦できました!!

 

いつもは補助者含め、保護者と一緒に活動することが多いビーバー隊ですが、

今回はスカウトと隊長と副長だけで行ってきます!

みんな、がんばれるかな!??

ひばりが丘駅から飯能駅まで、電車で30分ちょっと。

 

ただのコピー用紙を4つ折りに切って渡してみました。子どもたち何をするかと見ていると。

猫の絵を描いて見せてくれた子、紙のゴミ箱知ってるよって折ってくれた子、「山の上から飛ばす!」と飛行機を折る子、ぐるぐる巻いて「春巻きできた!」、小さくたたんで持って帰ると胸ポケットにしまう子、どうしたものかとずっと握っている子、リーダーが作ったジャバラ折りをやりたがる子、

みんな色々で、

いいねっ☆

続きを読む

ビーバー

小1.2.(年長)

カ ブ

小3-5

ボーイ

小6-中3

ベンチャー

高1-3年代

ローバー

高卒年代-25